人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「年金だけで暮らしています」よろしければお立ち寄りください。

25**汚家(おうち)掃除の成果は?

別府の汚家の掃除の続きです


熊本県・大分県と、先の地震で汚家の屋根瓦も破損しました。11日に瓦屋さんに直してもらいましたが、なぜ半年もの間、時間がかかったかというと、人手不足・・・それもありますが、もっと根本的な事・・・昭和40年頃の瓦なので、在庫がないのです。


探して探して・・・探してもらって、やっと見つかりました。庭に転がってた数十枚の瓦も使ってもらいました。この修理費が15万円+消費税。想定外の出費です。


汚家の洗濯機や電子レンジやら家電を買い替えたかったのに、いらん事にお金が出ていってしまい・・・がっくりです!家の中の壁も崩れ落ちてますからその修理もありますし、想定外の大出費になりそうです。


こうなると老後は貧乏より酷い生活困難民になる確率が高いだろう。


一息つかせてください。

おやつです。大好きなあられ7個とピーナツチョコウェハース1個。


庭の木の剪定するだけの人生?


庭の木を眺めて、Kがつぶやきました。「親父は、こんなもの置いていきやがってー!」「切ればいいじゃないの!」「生き物やから、切ったらあかん!」「なんなら私が切ろうか?」「お前なら全て切るんだろうなー」「当たり!!」


余談・・・Kは釣りもしません。一切、殺生はしません。でも私は言ったんですよー、「調子いいこと言わんといて!そんならステーキも食べたらあかんやんかー!」ってね。


一昨年はKの猛烈な反対を押し切り木を数本切って棄てた・・・けれどまだまだ木はいっぱいあるわ!切りたい木はあるけれど、Kの反対にあったので出来ません。(私の満足のいく庭に出来るのは、Kが死んでからでしょうねー。私なら、真平らな芝生の庭にするわ。)


車の出入りが出来るように玄関の松とか、通行の邪魔にならないようにと塀のところの木とか繁り過ぎた大きい木を1本切った。切ったのはご近所に迷惑がかかるような木ばかりですよ。


木を捨てるのにもお金がかかります。どこも無料で引き取ってなんかくれません。よくよく考えて木を育てようー。


Kは義父に良く似ています(親子だからねー仕方がない)。木を切りません。それどころか枝も切らない主義。木に風通し良く剪定するからどんどん大きくなるんです。


失敗したことがあります。業者に木を切ってもらって安心したのがいけなかった。もう生えないとでも思ったのでしょうか?数日したら切り株から数本の芽が出てきたんです。


生きてるんだから、芽が出てくるのは当たり前ですよね。それを摘めば良かったのに、殺生するなというのでそのままにした。一年でどれくらい大きくなるか木によって違いますけど、なんと、その芽は想定外の育ち方をして直径18㎝ほどに・・・、


18㎝なんてたいした事ないと思いますでしょ?切ってみて分かった。死ぬかと思ったわ。その重さと量にびっくり!(Kが切らないから私が切りました)小さく切ってゴミ袋に入れるのにも難儀した。(これはKと共同作業)


業者さんは難なく木を切ってトラックで持って行くけど、やはり、お金を取るだけあるなぁープロだなーと思ったわー。木一本の為に半日かかりました。プロにはなれませんねー。双葉の芽の時に摘んでおけば片手でポイで楽チンだったのに。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。