人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「Mさんのブログ」よろしければお立ち寄りください。

25**電気毛布

汚家(おうち)の押し入れから出てきた物
電気毛布が4(箱入りが2)。床暖房の1畳分のが2。イス用の小さいのが3。どんだけ寒がりなんだと呆れた。箱に入ってるのはオークションで5百円で売れるかもしれないので残す。あとは捨てました。


高齢になると暖房器具がないと冬を越せないのかと・・・可哀そうに思った。


でも、人の事をどうたらこうたらと言えなくなったってば。恥ずかしながら、今、湯たんぽ3個も抱えて寝ています。


去年までは真冬でも羽毛布団と毛布だけで平気で寝てました。最初は冷やっとするけど、自分の体温だけで十分暖かくなるからね。電気毛布なんて暑くて気持ち悪いとさえ思ってた。


それがですよー。息子が湯たんぽが要らなくなったと送ってよこしてから、考えが180度変わったの。勿体ないからと使い始めたのが運の尽きで・・・手放せなくなったんです。


最初は炬燵の暖に利用してた。電気代節約に一役かってくれて助かってるわー。


朝と夕方の2回、3個の湯たんぽに熱湯を入れるのが日課になりました。日中は炬燵の暖房代わりに。夜は寝床に入れる。


机でブログ書いてる時は足元に1個の湯たんぽを置きます。子供用毛布で湯たんぽを包んで膝から足先まで包むと足がホカホカになるんよ、いいですよー。


イスに座ったらもう離れられなくなっちゃうわ。一階に忘れ物したなんてことがあっても、もう出られません。


湯たんぽもそうだけど暖房器具をバカにしてた自分を反省です。もう湯たんぽなしでは寝られないもの。


寝る前に布団に湯たんぽを入れるのがお勧め。湯たんぽを背中のところにひとつ置きます。お尻にもひとつ置く。イスで使ってたのを足元に置く。計3個も使ってるから、めちゃくちゃ暖かい。


寝る時は湯たんぽを左にどかす。背中とか胸、お尻、おなかとかが暖かくてねー。すぐに寝てしまう。寝つきは良い方ですが・・・更に良くなりました。あっという間に寝てます。


保温時間が長い銅製の湯たんぽが欲しいところですが2万円する。これだと30時間くらい暖かさが持つんです。物が良いから値段が高いのは仕方がないわねー。


今使ってるのはポリ製だから1日に2回も沸かし直しが必要で面倒です。2万円の湯たんぽ・・・なんとかゲットしたいなー。



にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ

上の写真はインドネシア・バリ島のホテルの窓の下に咲いてたプルメリアです。この時はデジカメで撮ったのよー。懐かしいなー。あれから10年。


日本は春夏秋冬と四季があっていいなんて言うけど(そう思いますが)、ウブドのように年中常夏も好きです。


ホテルなどは例外ですが・・・最初ウブドに旅行した時にびっくりしたのが窓が無かったこと。



虫がこれでもかっていうくらい部屋に入ってくるので辟易したけど、旅行の最後あたりになったら虫を無視できたからねー。虫が嫌いだったけどウブドに行って慣れたのが良かった。



上の写真はホテルのレストランだけど、窓が無い!リスが走ってたりします。野生のリスでしょうか?動物園じゃーあるまいし飼ってるわけないか?部屋の中にまで入ってくることがあるのかなー?


朝早くから、イケメンの作業員がプールとか庭を清掃していました。時間がゆっくりゆっくり過ぎていくのよー。もう日本へ帰りたくないと・・・背中で言ってます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。