人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「年金だけで暮らしています」よろしければお立ち寄りください。

私のプロフィール

来年65歳になる夫のKと私の老後をブログで綴っていきます。貧乏年金暮らしだけど貯金も出来たらいいなーとか、節約ばかりじゃなくて希望を見いだせるそんなことも考えたい。年金だけでも生活やっていけるよってなりたいな。自己啓発の意味も込めて。


ハンドル名はMと申します。
・・・Mのプロフィール(自己紹介)



家族構成は、K(夫の呼び方)と息子三人との五人家族です。(随分前に黒柴犬を飼っていました。ペットを飼うのは良いのですがいなくなったら淋しいので飼うのをやめてます)今は、Kと次男坊との三人で暮らしています。


冒頭に書きました、来年からKの実家(大分県別府市)での夫婦二人の貧乏な年金生活が始まります。今は息子という張り合いがあって良い状態です。つかの間の幸せな生活です。


趣味は着物・茶道・旅行・英語などでしたが最近は部屋の模様替えとかお金の節約とか簡単食事作りとか断捨離などに変わってきました。お金のかからないチマチマとした生活を好むと好まないとにかかわらず身に降りかかってきているのを感じる今日この頃です。


独身時代、流行りの服飾デザイナーになるべく勉強しましたが、社会に出て敵はゴマンといる現実に打ちのめされるのでした。身長が160㎝に少し足りないばかりにアテンダントにも採用されず。今と違い、戦後のベビーブームという試練に翻弄され仲間を蹴落としてやってきた団塊の世代です。今更、心静かにゆっくり過ごそうと言われてもどうしていいのか戸惑うわー。


周りからの拍手で寿退社したものの、正社員を辞めたのはまずかったと後になって思う。子育ては10年もすれば目途がつく。仕事は騙し騙しやれば良いものをバカが付くほどの正義感なんて何の役にもたたないんだから。老後に自分の年金が少ない現実を見つめて溜息の嵐。


新婚の時代はいいけれど、40年も夫婦として暮らしていると順風満帆とばかりにはいかなかったわ!結婚は失敗したかもしれないなーとチラと考えたりもします。しかし息子は母親の味方とばかりに成長しましたのでそれは生きがいになってるし、息子の先の人生を見たいが為に長生きしたいと願うのです。こんな風に思うのは歳を取ったせい?


子育ても終わり夫婦ふたり、この先のある程度のことは予想がつくという老後に突入です。時はPC時代・・・私達夫婦は時代に乗れるか乗れないかの瀬戸際の団塊の世代です。運よく私は乗ったが、いかんせんKが乗り遅れました^^;老後の生活を考えてスマホの特訓をしました。その甲斐あって使えるようになりましたが、ブログをする気などこれっぽっちもないのが残念です。Kは忘れるのも得意中の得意なので、私はブログのやり方を教えるのを諦めました。


石橋を叩いて渡るK(叩き割って渡らない慎重派)に比べ、私は渡った後で考えるタイプです。それと、ああしたら良かったとかこうしたら良かったなどと考えるのは日常茶飯事。しかし残された時間は短いのです。ウロウロしていては息子達の邪魔になる。人間関係・身辺整理に励みます。


若い時に分かっていても出来なかったこと、老後生活で初めて分かった事もある。「貧乏は恥ずかしいことではない。」と、どこかのお偉い人が言われてました。人の幸せなんてお金で量るものではないそうです。(お金だと考えてる部分が有りの私は精進が足りないのでしょうか?)


93歳のすっごい年上の友人が私に言いました「人生まだ夢の途中でこれからなの♪~」と。凄いですね。私なんかまだ夢を見るところまで行ってないペイペイだと知るのでした。頑張らねば。こんなトンチンカンな性格ですが、面の皮を更に厚くしてブログっていきます。ブログの中で不謹慎な言葉などがあるかもしれませんが、しょうがないなーと、広い心で包んでやってくださいまし!


最後にこのブログに訪問されるすべての皆様に、更なる幸せが舞い降りるのを、節に節に節に願う私なのでありました。完

16**ドアを外す

二階のドアを外したのは、以前に書きました。
この↓ドアを外した・・・そしてカーテンをどうするか今考え中。


 → 

本当は、この押し入れは必要ないの。壁を抜いて廊下にしたらすっきりするのになーと。壁を抜くのは素人では無理かもしれません。業者にいくらでできるか聞いてみようかな?





明るい貧乏生活には
いろんなブロガーさんがいて
参考になる話があります。
ポチして覗いてみてくださいね



一階の広縁のドアも外す
夫婦で考えて・・・ドアは必要ないと結論が出ましたので。


このドアは廊下側に引くので危険!
ドアは室内側に引くようにしないと危ないですよね。お茶を持って居間から廊下を通って広間に行く時はヒヤヒヤします。左手でドアを押さえて通るのです。キッチンの方から広間に行くようにしてるけど、たまに居間から行く時もあるので・・・。




赤色楕円形で印したドアを開ける・・・廊下側に開けると下のように部屋が見通せてすっきりした家になる。誰が何処にいるのか一目で分かる。



向こうに見える庭の金モクセイの木・・・タンスがあったりカーテンが閉まってたから気付かなかった。気が付かないってそんな事おかしいと思うでしょう?・・・でも本当の事なんだから。



ドアのことですが、部屋をこまごまと仕切って小さく使うことはないのです。使うのは、家人だけだからオープンにした方が使い易いに決まってる。チマチマと仕切って、より小さな空間にするのが好みなら仕方ないですが。


少なくとも私達は広い空間で何もない状態が好きですから、どんどん仕切りを外していきます。じゃまだから手前のマッサージ機は業者に持って行ってもらいましょう。


今でこそ小さな座卓が見えるだけで何にもないですが、義両親が生きてる頃はなんでこんなに物があるっていうくらい家具で埋まってました。


大きな籐製テーブルと籐製チェアーとか、食器棚は3棹、ベッド、タンスは6棹・・・二人だけなのに・・・そんなにいるーって感じでした。


他人と張り合うのが好きなようで、私たちが帰省するたびにどんどん物が増えてましたねー。死んだ後の片付けが凄いことになると思ってたのが現実になりました。

14**汚家のトイレ事情

汚家(おうち)には二階にもトイレがあります。が、昔から使えないトイレでした。もう使わなくなって数十年も経つからと、前回掃除に帰った時にドアが開かないように・・・つまり完全に使用禁止にしました。


義父の設計はトンチンカンなところがある。どうしてこんな所につくるのかとか不思議なことばかりです。風呂をぶっ壊したいほどおかしいことは以前に書きました。今度はトイレです。


二階のトイレは玄関の真上にあります←これっておかしいでしょ・・・というか建てる時に設計士さんが「これは設計上無理です!」とか言わなかったんだろうか?


汚家は義父の従兄(宮大工兼工務店経営)が建てました。結構な金額で建てた割には肝心なところが雑!日常あまり使わない広間にお金かけて、家族が集まるとか使用頻度が高い水回りにお金をかけないなんて・・・理解できない。


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


話を戻します。トイレが玄関の真上にあるのです。使用すると玄関の隣の居間の天井まで水の流れが(配管があるのでしょうか?経路などよく分かりません)聞こえます。オシッコの音も聞こえます。


玄関にお客さんがいらっしゃって、向かえる私が座ってお辞儀してるその真上に便器がある状態ですねー・・・考えられないわー!そんな場所によくトイレを作れたと思います。技術が素晴らしい・・・って感心してはいけない!



(北海道)


どうしようかといろいろ考えました。でもねートイレをぶっ壊しても、物入れにするしか他に考えつかない。以前はトイレだった所に何かを作ったところで・・・いやーな感じがするだけです。


改装をするにも先立つものも無いしで、この際だ、閉めちゃえとばかりにドアにガムテープを張ったわけです。開かずのトイレですか?そんな家ってあるのかなー?トイレが夢に出てきて、うなされそう。