人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「年金だけで暮らしています」よろしければお立ち寄りください。

03**昨日**くたばりました!

昼食にカレーを食べた。鶏丼を食べてるKに白菜漬け食べろと言われて食べたんです。


私とKの食事内容はほぼ別々。好物が違うので一緒の物を食べることはない。


カレーに白菜漬けでは合わないなーと思ったけど食べました。食べてる途中から、なんとなくムカムカと吐き気がした。気のせいかと思ったけど・・・結局吐いて(食事中だったらごめんなさい)


(6年前モンサンミッシェルは雪が積もって寒かったです)



陀羅尼助を飲んで午後6時まで炬燵で寝る
5時間横になってたら収まりました。原因はご飯でしょう。食べ過ぎやろー!!と突っ込まれておしまい。


食べ過ぎかもしれない。胃がパンパンだったのには気がついてた。胃って賢いのねー。。。もうこれ以上消化するのは無理となったら吐く。防衛本能なのねー。凄いわ!なので夕食は取らず、今日の朝食は食パン半分とトマトに卵をからませたので終わり。


胃がだんだん小さくなっていってるのは去年から感じてました。もともと小さい胃がもっと小さくなっていく・・・恐怖です。2年前、中性脂肪と糖の食事制限するようになってから体重も3キロ減少したまま元に戻らない。(ご飯を食べなくしただけなのに)


体重はあと7キロは増やした方がいいらしいんだけど、減ったまま・・・太らない体質なのです。減らそうと思ったらどんだけでも減るわ。食べなきゃいんだからさ。簡単です。


ご飯を食べない生活にしたら、食べて良いとなった今も食べなくても平気です。逆に食べると昨日みたいに気持ちが悪くなる。ご飯は1日70gを食べたら3キロは太れるんですけどねー。なかなか食べれないんだわー。


追・・・今、気がついたんだけど、昨日は日付が変わってもPC使ってました。ずーっと遅くまでPCしてるのですが・・・それって胃に負担を強いてる?


生活が夜型になってるわー。10時には寝るようにした方が良いような気がする。それにはブログを書くのを午後6時までには終えることですね。もう歳なんだから~フムフム。

02**チャージ式プリペイドカード

別府に帰る時はクレジットカード(略してクレカ)は2枚しか持っていきません。落とすと厄介だからです。その点チャージ式プリペイドカード(以下プリカ)は落としても気にならないからいいわねー。


最近は高齢者に向けてなのか、プリカを扱う店が多くなってきました。いつも利用してるスーパーマーケット数店がプリカを採用し始めた。大変喜ばしいことです。


レジでプリカを使う高齢者を見かけます。1,900円の清算ならレジで2千円を出してプリカを出す・・・これだと現金を出してるからカードの意味ないと思うでしょ?・・・でも違うのよ。


プリカは、高齢者が小銭をぶちまけたり、出すのに時間がかかるのを解消する目的もあるんですよー。高齢になると手元がおぼつかなくなってくるからさ。


私は現金よりクレカ派でした。理由のひとつに小銭は汚らしく感じて触るのが嫌だったから(財布の中が汚れる)。他にも、かさばるから小銭を持ちたくないとか、ポイントが付くからなどでしたが、プリカにもその全てが付いてくるから利用しない手はないと考えたの。


プリカは落としても気になりません。なぜなら入れておく金額を小さくしてるから。クレカだと弁償までは無いとしても事務手続きが面倒でしょ。


となるとレジでチャージする時に現金がいるわ・・・現金を持つことになりますねー。現金を持たない派の私は?


いいのですよ、少し前から現金を持つという考えに変えましたから。今までなら財布に1万円札しか入れてなかったけど、別府での失敗で懲りたので十数万円(必ず新札にする)は常時入れることに決めたんです。


以前はお金を使うと無くなるから持たないと考えてた。でもね気持ち良く生活したいなーと考えたらね、お金をいっぱい持ってた方が良いと分かった。


でね、自分に対してはお金をいっぱい持ったり使ったりを許したんです。今まではクレカだったので現金が目の前で出て行くのを見てません。それを変えたのです。自分の目で見てお金を出すというように。


今までは物を買っても、お金の顔を見ないで傲慢に支払ってたのよ・・・そんなことしたら、お金の方も「そんな扱われ方されたんじゃー、もう来てやらない!」って思うでしょう?


きちんと、「こんだけのお金を出しますからこれをください。」ってしなきゃいけなかったの。遠回りしたけど、元に戻るべきところへ戻ってこれたので良しとしましょう。何十枚と持ってるクレカの処分を決めました。

31**食事はキッチンで

どこのご家庭もキッチンで食事をすると思いますが、私んちでは居間で座って食べる派です←これが嫌いでした。結婚生活も38年(家を建ててからは28年)になりますがいまだに座卓に馴染めない。


Kは家族がどう考えてようと意に介さない。足をあぐらに組んでご飯を食べたいだけが何が悪いと・・・そんな感じ。それって自己中ですよねー。


念願の家を建ててキッチンにはシャンデリアもつけてテーブルとイスを置いた。息子3人の笑顔と私・・・幸せでした。


でも数日したら、Kの「座卓で食事をする」というひとことでテーブルとイスは物置に仕舞われた。(テーブルとイスにすることは許しを得たはずだったのにー)


フローリングに座卓っておかしいでしょ?シャンデリアに座卓も不似合いで我慢がならなかったわー。


物置でも邪魔なので庭に放置され、25年間でボロボロに傷んでしまった。捨てたのは最近の話です。テーブルとイスで食事がしたいという夢を引きずって引きずって生きてきたのよー。


椅子では休まらないからとか、あぐら組んだり寝そべったりしたいというのです。今ならば勝手なことは言わせないと、Kを縄でしばきあげて鞭打ち百回してやるけれど、当時はおとなしい私でしたから言う通りにしたのが運の尽き。


一事が万事そんな調子でやられてしまったという感じですね。私の負けです。なので、これから挽回します。勝たせてもらいます。


別府の義両親汚家ではどうだったかというと、キッチンではなく畳の居間で食事してました。キッチンのテーブルはカオス状態だから、物理的に無理ですよねー。


やはり義父の寝そべりたいという考えが強かったようで、血筋は争えないというか親子は似るのですね。小さなことまでそっくりです。


レストランではイスの上であぐらを組んでます←←←これ、突っついたらバランス崩してこけますよ!笑っちゃう!


もういやだー、こんな生活は!変えたい!変えるわ!・・・40年目(四捨五入)にして反旗を翻します。来年汚家に引っ越したら、小さめの机と椅子を買う。キッチンに置いてそこで食事をします。長年の夢が叶う。