人生あと何年?

来年義理実家に引っ越しするにあたり、
片付けや掃除の様子を書いているブログです。

08**引っ越しで環境が変わる

今住んでる(分家)家は、お伊勢さんで有名な地です。
来年は別府(母屋)に引っ越しで環境が変わる


母屋(義実家)と分家は立地が高台というのは似てる。
が、田んぼに囲まれてるのと家に囲まれてるのとで違うし、
言葉も違う(言ってる意味は理解でき)。


来年からの引っ越しが、
良かったなーって、なりたいけどねー、
期待薄かなー。


窓や庭から田んぼ見て、ぼーっとする←こんなのができなくなる。





別府の母屋の南側の庭はひどい状態です。
高台なんです・・・これで?
眼下に別府湾が見渡せた。
さんふらわあ号が停泊してるのがばっちり見えたの、
40年前はね。
今は隣の庭の伸び過ぎた竹ばっかりが見える。



土地の管理人が鉄輪に住んでいてここは放ったらかし。
密林状態で眺めが残念なことになってる。
数年に一度伐採に来るけど虫が発生して厄介だ。



こっちが良ければあっちが悪いとか、
便利と不便・・・相反することって世の常です。
住めば都というわね。
慣れたらそういう考えになるんでしょうか?
そうなるように願いたい。

21**老後は都会が良いかも

母屋は(来年引っ越しの予定)、ありがたいことに今住んでる分家より都会です。病院や店など生活に必要なものが半径800mの範囲内で揃う。行動範囲が徒歩でというのがポイントになります。


これだと車は必要ないね。仮に遠出ということになっても、レンタカーは5~6分も歩けば借りれる所にある。車所持よりレンタカー借りる方が安い。


今は夫婦で車1台あればいいけれど、年金暮らしで車の所持って経費が大変ですー。引っ越ししたら車は無しにしたいなー。


コンビニには100歩で行ける近さだし、日常生活品や食材など扱うスーパーも300mくらい。主道路に出て歩いたらあるよっていうくらいの近さ。


近くに「ひょうたん温泉」がある。バスで2~3分(乗ったことないけど)。「夢たまて筥(ゆめたまてばこ)温泉」も近い。坊主地獄にある「鬼石の湯」も近い。老後は温泉三昧したいねー。


行動範囲が1㌔以内で済んでしまうので楽しみがないだろうと思いがちだけど、見つけようと思えば楽しみなどはどこにでも転がってる。・・・負け惜しみでもなんでもない。


65歳も過ぎた今は自分を最大に評価してやろう。いばらの道をよく生きてきたね。これからは与えられた状況で自分を大切に生きていけばいいのよ。まず自分ありきで。


ちょっと前までは義実家なんて嫌だなーって考えてたわ。でも今は、引っ越こしてから何が待ってるか楽しみだと思えるようになりました。


ほんの少しづつだけど良い方向に向かってる・・・ここまでくるのに時間がかかったなー。姑が死んでから来年で10年になる。心の澱が剥がれていくようです。

17**母屋の収納を考える

使いやすくしたい
母屋は昭和の間取りの家なのでとても使いにくいです。
部屋を寄せ集めた感じ・・・機能性を考えてない。


改装するのにできるだけお金をかけないで使いやすくできないだろうか?
考え中です(自分でできる大工仕事はするよ)。


さっきまで収納専門ブロガーさんをネットサーフィンしてました。
目が回ったわー。いやはや、脳ミソがグチャグチャになりそう。


素敵なんですよ~・・・どれを見ても。。。
いいなーこんなのにしたいなーって思うけど
無理だわ・・雲の上って感じですね。


やはりよそはよそ、自分ちは自分ちということですかねー?
現実の厳しさに打ちひしがれる。


押し入れもなんとかしたい。
クローゼットが無いので押し入れを変身させましょう。
上下に仕切ってある板をのこぎりとトンカチで外す。
こんなのはわけない。
外せばいいだけさ・・・と思うでしょう?
実は大変な作業なんよ・・・一度経験してるから分かるわ。


力仕事なんです。チカラがないとできません。
板をのこぎりで切る時にその板を支えなきゃならない。
板を支えてないと板が切れない。
簡単に切れると思うでしょ。
違うのよ。真っ直ぐ切れない。曲がってくんだからー。


あの大変な事を又やるのかとおもうと心が折れそうになる。
怪我しないように注意して頑張るだけだね。


簀の子を両端に取り付けて鉄の棒を渡そう。
棒とか板とかは家にあるので無料でできる。


だけど中に入れる収納棚などはどうしようかなー?
無印良品で買いたいけど・・・結局作らずに買うんかい!!