人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「年金だけで暮らしています」よろしければお立ち寄りください。

19**汚家(おうち)に住む理由

本当は、汚家に住むのに抵抗があるわー。汚家は・・・古い・汚い・怖い・臭い・・・住むには覚悟がいります。修理費はこれからも膨大にかかるでしょう。そんな何の得もない汚家になぜ住むの?


最近の瓦は軽量瓦だけど、昭和時代のはセメント瓦です。重いんですよー、2倍の重量がある。お金を貯めてまずは瓦を換えないと今度地震がきたら潰れて死ぬのが必至です。それでも住むの?



そんなにイヤなのになぜ住むのか?
結論・・・都会だからです。病院や銀行やデパートや生活する全てが家を中心にして数百メーターで事が済む。汚家で暮らすのは本望ではないよ。でもね考えが変わったのです。


風邪ひとつ引いたことがない私でも、今よりも体が弱くなるのは世の常で分かります。若いままでいられないわよー。魔女ならまだしも。(気持ちだけは若い)


車に頼らず、歩きに変える決心がついたからもあるんです。定年後の3年間は生活のレベルを落とすのに苦労しましたが、やっと下げれるようになれたわ。


自分ひとりで考えが変えられた訳ではなく、先輩からの話なども参考にしてきました。田舎から都会のマンションに住まいを替えたけど、とても充実した生活だと折に触れて話してくれます。




実母(田舎)と姑(都会)を例にしたら分かりやすかった
1・・・実母の入院となると私が車での送り迎えが必要でした。片道35分はかかります。大きい病院に転院した時は片道50分かかった。かたや姑は病院へ歩いて5分です。


入院で離れて住む息子に迷惑はかけられない


2・・・実母の頼みで家具などの買い物をするとなると一日仕事になる。かたや姑は徒歩15分でニトリに行ける(歩きませんが)。バスに15分も乗れば家具屋なんかざらにある。


買い物するのに何の支障もない


3・・・実母が気休めにと入る喫茶店・コンビニなんか田舎にはひとつもなかった。かたや姑は徒歩1分で喫茶店・コンビニへ・・・冬は小鍋を持参してアツアツのおでんを買っていた。


喫茶店、蕎麦屋・ステーキ店、(もう少し歩くと)ホテルのレストラン、うどん屋、すき屋、弁当や、ラーメン屋、焼肉店などたくさん店屋がある。出前も取れる。


食べる事に関して充実しているのは安心だ


4・・・実母は71歳で亡くなる1年前まで(自営業)仕事のしどうしでした。年中無休だから温泉なんて3年に一回行ければいい方だった。かたや姑は徒歩10分で温泉三昧です。どうりで85歳で死ぬまで気丈夫に生きてられたんだわ。


充実した生活が送れる

結果、都会の方が老婆が楽勝に生きていけると分かったのです


別府市は老人に手厚い(若者に厳しい)です。マンションを買って移住してくる高齢者がいると聞きます。住みやすいのです。


だから、汚家でも犬小屋みたいでも我慢しようとなったわけです。どんでん返しみたいな事でも起こらない限りこのままの考えでいくでしょう。

17**自分で作る

一昨日書いたキッチンボードを買う話。。。買わなくても自分で作れるかもしれない。そんな気がしてきました。


伊代ちゃんの夫でヒロミさんが八王子の何とかって自称大工さんになってる番組が好きです。大工道具など沢山買い込んで見事にリフォームするんですが・・・見てて楽しいねー。最近では自分でもできそうな気がしてきたから、困るわー。





20日には、キッチンボードも作ってしまうというのを見ました。はっきりと聞き取れなくてあやふやだけど、まぁー、20日を楽しみにしましょう。今ある食器棚を利用してつくる・・・そんな感じの前振りでした。楽しみだわー。

16**こまごまとした決め事

汚家の台所とか洗面所とかトイレとか風呂・・・これから必要となる買い物や修理に関してこまごまとした事まで決めてます。これ以上は出せない金額とかもね。


金額まで出しておかないとねー、たいへんよー。土壇場になって高い費用を鵜呑みにさせられたというのは過去に何回も経験済みだからです。例をいうと、家を建てた時に最終段階で120万円を上乗せさせられた・・・これは冷静になったら断ることもできた金額だと後になって気がついたわ。まんまとはめられたってことね。


先々のことを今からいろいろ決めておく。その時になって人の言いなりにならない為に前もって考えをまとめておく。これってねー、凄く大事なことで、必要なんだなーと思うから。


今までは事が起きてから対処してた。これはダメだねー。プロの業者にとっちゃ、カモネギでいいんだろうけどさ。失敗できないよー、年金暮らしだからさー、きちんと先の事を見越して考えないとね。


じゃー、自分はどうかというと・・・買う商品を前にして、事前に金額を設定してたとしても高い方に目がいっちゃうことってあるよね。これが悩ましいんだわー。分かってるけど高い方がいいなーっておもうのさ。


これね、男を選ぶ時も同じだね。分かっちゃいるけどやめられないってこと。後で冷静になった時に、なんでこんなつまらん男つかまえたんだろうってね!


のぼせてる時は分からなくなるもんです。だから、冷静な時にきちんと目安を決めておかないと大変なことになる。家付きで年収が2千万円以上、ババ抜きとかさ。


買い物に行く時はリストを書いてそれ以上は買わないとか決めておく。お腹がすいてる時に買い物すると無駄な物を買っちゃうでしょ。だから。


話を戻すね。洗面所が元々無い汚家なので、新しく洗面台を買うのは決まってるんだけど、場所が決められないでいます。設置する場所が無いと言った方が正しいかな?


Kは洗面所は(風呂場にあるから)必要ないと言うけど、来客があった場合どうするんだろうと思うわけです。


こちらですと・・・廊下通って、台所を横切って、風呂場の中まで(風呂用のプラスチック長靴履いてもらい)・・・ここで手を洗ってくださいと案内するのでしょうか?


私はイヤです。絶対にイヤ。


その洗面台は簡易洗面台。庭に設置する写真のようなもの。なんでこんなもんを風呂場の中に置くかなー?神経がわからん!



これは某商店のサンプルでキレイだけど汚家のは違います。もっと小さいです。見た目が古い形で、そしてめちゃくちゃ汚くした感じを考えてもらったらいいです。もろ見えの配管なんか外れてるんだからー。私がガムテープで補修したってばー。


じゃー、そこで洗えるんだったら風呂場で洗顔したり歯を磨くのかというと違うんです。どこでするかって?それはねー、キッチンのシンクです。もうーねー、これがイヤなんです。食器洗ってる側で歯磨きされるのがイヤでたまらない。



設置できるとしたら洗濯機の横しかない
風呂を上がると、扉のない2畳くらいの脱衣所がある。脱衣かごと洗濯機を置いてるのですごく狭い。どこに設置できるか、よーく考えたらここしかないんですねー。


下の写真みたいな鏡と台だけという簡単なのだったら置けるかもしれないなー?結構値段が高そうだけど!


水回りの工事はというと業者頼みにした方が得策でしょうねー。水は頭も尻尾もない・・・と昔から言われてます。意味は、素人が下手な仕事をすると水漏れするということらしいです。水回りは専門に任せるのが一番だね。