人生あと何年?

今65歳です。あとどれくらい生きられるのでしょうか?
悲観的に考ないで有意義に生きるにはどうしたらいいのかと日々模索していきます。
もうひとつのブログ「Mさんのブログ」よろしければお立ち寄りください。

13**タイトルにも書いてるよねー

人生あと何年?
・・・なのにさー・・・絞り切れてないなー。
自分のことをちゃんと見れてない。


今まで、あれもこれもの人生ではないように感じてたけど、
実をいうとですね、慾深く生きてきたんじゃないかと。
一極集中できてない。


昔のように、あれもこれもやる必要はなくなってる今。
きっぱりと切って無くさないといけないものもある。


今までは今までで、これからは違う。
何ができないのかではなくて、何ができるかに変えよう。


器用貧乏とはまさに私のためにある言葉です。
いろいろ手をつけて中途半端にしてしまう。


何でもできる、イコール、何もできない
そつなくこなすけど、どれも成果が出ない残念な人。
変えていかないとねー・・・人生あと何年?


来年、伊勢から別府へ引っ越しです。
言葉のニュアンスが違う。人間関係も環境も変わる。
慣れるまで気の遠くなる作業だとおもう。


でもね母屋に引っ越しも良いチャンスととらえます。
母屋を終の棲家にはしないとおもうけど。。。
終の棲家をググってみたら、
最後に住み慣れたところに住むとか安住するところって書いてあった。


安住の意味は安心して住めるところです。
当人にとっては安心ならば老人ホームだって構わないわけだし、
どこだっていいんだと得心したわ。
持ち家とは限定していない。


たぶんだけど。
Kが死んだらひとり賃貸アパートに引っ越す。
やりたいことはあるからさ、
草取りや掃除だけの人生で死ぬのだけは勘弁してほしい。

12**サンダーバードの取締役になって**星へ赴任

プロフィール画像の説明
Mのプロフィール写真はサンダーバードの制服を着ています。
履歴書に貼る写真はアバターメーカーを使いました。
この画像はサンダーバードの新入社員になった時に提出。
残念ながらバーチャルです。架空空間の話でweb上のものです。



サンダーバード

サンダーバードというイギリスの子供向けのテレビ番組です。
ご存じですか?今から45年も前の話だから・・・どうかな?
知ってる人は少数かもね。


今のテレビアニメみたいな動画ではなく、マリオネットなんです。
人間が、一体づつ糸で操って撮ってるの。
人形のぎこちない動作も良いとおもったわよ。
その後CG映像に取って変わったけど、
やはり初期のマリオネットの方が好きです。


内容をはしょると・・・お金持ちの一家が、世界に身分を知らせずに
国際救助をするという話です。大きな犯罪とか災害とかもね。
スケールは宇宙規模・・・どんだけお金があるねん?です。


幼い頃、サンダーバードの番組が好きで・・・テレビに釘付けでした。
実際に世の中にあったらおもしろいだろうなーと感じてた。


5年前です。サンダーバードが新入社員募集をしてたんです。
60歳でも雇ってくれるんだから嬉しいって・・・そうじゃなくて、
一員になれるとワクワクしたのよ。





下がMの経歴です。なんか不思議な気がしたなー。
ジョン、バージル、アランが好きだったの思い出した。
相手は人形なのに・・・初恋かな?(遠い目)




Mは2012年6月18日に入社、同年8月1日に取締役になる。
短期間で取締役になろうとするからたいへん。
無理難題を突破するんですが、何人が入社して、何人が課長になってとか
数字で出てくるし・・・やりがいがあったわねー。
架空だから意味はないし、昇級しても何の役にも立たないけどー。


同期の社員との切磋琢磨です。
役職が上がっていくたびに小さい机が大きくなったり、
持ち物も増えていくし豪華な部屋までしつらえてもらったり、
水がコーヒーになったり・・・架空ですけどねおもしろかった。


下の画像は、MのOfficeというか執務室。
最初はなかったPCも貰えてますねー。
右の方に名刺入れもある・・・一枚づつ飛び出すのよ。



下は取締役になって終了の時の画像です。
ジェフトレイシーとその息子達との記念撮影です。
たまらんかったー!うれしくてねー!



取締役になってから20日後に、ジェフからの最終指令が下る。
宇宙の「とある星」に赴任せよと・・・。
どこなのか、星の名前すら教えてもらってない。


M専用の宇宙船です。たったひとりでの旅立ちです。
three.two.one.zero <go>!





この画面で終了。どっかの星に行っちゃったのよねー。
クライマックス!Mは行ったっきり、帰ってきません。
Kをらくらくと捨てて、行っちゃいましたー。
胸にサンダーバードのマーク。
the End



5年前のサンダーバード入社ゲームを「私もしたわー」と、
そんな奇特な方はいらっしゃいますか?
コメントくださいな。
いらっしゃらない!・・・これまた失礼いたしました~。

11**思い出して書いてます

過去の掃除やら遺品処理やら思い出して書いています。片付けを一生懸命してるのは来年母屋に引っ越しするためです。


私も人の事を言えた義理はないんです・・・絵画の本とか分厚い参考書も数知れず。でも結婚と同時に捨てましたよー。2DKに嫁入り道具5点セットやダブルベッドを運び込んだわ・・・どこの御殿・お屋敷に嫁ぐ気だったんでしょう?おかしすぎる。


ところが引っ越しで、嫁入り道具もひとつ減りふたつ減りしてとうとう和ダンスだけになりました。教訓・・・自分で言うのも何ですが・・・嫁入り道具は業者の売らんがな為の商売心。業者の言いなりに買ってはダメねー。形から入るのではなく、自分の生活様式に合わせて買わなきゃ。生活も年々変化するしさ。


母屋の義姉の本
沢山残ってます(どんだけ本買いの癖のある家族なんだー!)。法律関係の本を入れ替えするそんな仕事をしてました。専門書だから重い。二階の廊下の床が抜けそうなのはこれのせいか?!


出入りしてた弁護士事務所の弁士と結婚した義姉です。本好きよりも動機が不純。下心がめっちゃありの仕事選びだったのじゃないかと疑ったわねー。まーそれも他人のことだから、深くは考えてはいけないんだろうけど。


話をもどします。本を全て棄てて良いと了解を得ました・・・Kの本当の母親(39歳で死亡)の日記やらKの本とかは棄てられない(私もそんなに性悪女じゃないもの)。


本については(義父の本は除く)、少しはすっきりとしたかなー。